熟成みかんの販売は2021年1月1日よりスタート!※宿・古本屋・テントサウナは冬季休業中※

すだちのある暮らし

すだちの収穫も5年目に突入!

今まで、みかんのお話はしてきたのに、どうしてか、すだちの話は一度もしたことがない。唯一登場したのが、小杉湯さんの風流風呂(現在はもったいない風呂)☟

徳島と言えば、みかんというより、すだち。すだち生産の約98%が徳島である。もちろん県民の食卓には欠かせない香酸柑橘(香りや酸味が強く、果実すのものを生食するのではなく、薬味や風味付けのために料理等に用いられることの方が多い柑橘)不動の第一位と言っても過言ではないすだち。

みお
我が家も移住してからすっかりすだちのとりこ!
しょう
徳島市内に住んでいる方でも庭木としてすだちを植えてる人も多いんだよね。

そんな県民に愛されているすだち。あおとくるでは40本程栽培している。

そもそも、すだちって?

8月~9月が旬のすだち。レモンやゆず、かぼす等と同じ香酸柑橘。香酸柑橘はいわゆる料理に絞りかけて用いる柑橘類のこと。高知県では酢みかんとも呼ばれている。

サイズ感何となくこんな感じ☝

すだちは、もともと食酢として使用され、酢橘(すたちばな)と呼ばれたのが由来で、現在のすだち、という名称になったそう。

大きさは1個だいたいピンポン玉くらいのサイズ。よく間違えられる大分特産のかぼすは、すだちの3倍くらい大きいテニスボール大のサイズだからね。是非スーパーや八百屋さんで見比べてほしい!

すだちってどうやって栽培しているの?

すだちは常緑樹なので、年間を通して畑に植わっている。草刈りなどの園地管理に加え、みかんの木と同じタイミングで春夏秋それぞれ時期に適した配合の有機発酵肥料の散布・そして、病気果が増えてきた場合は春先に殺菌剤と、木を枯らしてしまうカミキリムシが増え始めた6月くらいに樹幹への殺虫剤を散布しているよ。

樹幹に薬剤を散布することで、カミキリムシの侵入を防ぐ

5月上旬に白い花が咲いて、それから実がなり、8月中旬から9月中まで、収穫が続く。

夏空の下の収穫は暑さとの闘い

収穫は2人で朝から夕方まで収穫して、ようやく2本終わるか終わらないかくらい。みかんと比べて実も小さいし、木には小さいトゲがあって、ちくちくして痛い。木の中に身体を突っ込むと着ているパーカーが破れちゃう時も。夏場だから暑いし、蚊はもちろん、アブやブヨも襲い掛かってくるよ。でも、この時期に収穫しないと、実が熟して色も黄色になって出荷できなくなっちゃうから頑張って収穫するんだ。

すだちは年間を通して出荷されてるんだけど、あおとくるの場合は露地栽培という、ハウスを使わない屋外での栽培をしているので、出荷は収穫期と同時期。

でも、すだちって年間を通してスーパーでも見かけるよね。何でか知ってる?

なぜ年間を通して、すだちを楽しめるのか?

3月から8月までは、ハウス栽培のすだち。

8月から10月にかけてが露地もの。←あおとくるのすだちはコレ

11月から翌3月までは、露地で栽培されたすだちが専用の冷蔵施設で貯蔵された、貯蔵ものが出荷されている。

こんな感じで、ハウス技術や貯蔵技術ってもんがあるから、年間を通してすだちを楽しめるようになっているんだよ。すごいよね。

おうちですだちを楽しもう!

爽やかな香りと酸味で、今では我が家の食卓に欠かせないすだち。気温が上がってくる7月になると「すだちは、まだか」と実を確かめに行ってはがっかりする日々が続きます。8月になって、ようやく実が太り始め、使い始められるぞー!となってからは、何にでもすだちを絞るようになったよ笑

しょう
徳島に移住するまで、僕らもすだちの使い方って、秋刀魚に絞るくらいしか思いつかなかったんだけど、実際は結構たくさんあるんだよね。
みお
よく、すだちってどう使ったらいいですか?って聞かれるんだけど、レモンみたいに気軽に料理に使ってもらえれば大丈夫だよ。レモンよりも上品な香りと味だから、割とどんな料理でも合う。先日トマト味のパスタに果汁を絞ったんだけど、一気に上品なお味に仕上がって感動したばかり。こんな感じで、気負いなくすだちって使えるのが魅力だったりする。だいたい何でも合う!笑

それでも、いまいちイメージが合わない方もいると思うので、あおとくるのWEBショップですだちを購入してくれた人には、すだちの活用方法やレシピが掲載されているミニ冊子を付けてるよ。手づくり感が満載の豆本だ(笑)

すだちがある暮らし

すだちはこういった効能だってある。食すのはもちろん、お風呂に浮かべてもいいよ。

すだちがあるだけで食卓が華やぐ。とにかく最初は何にでも使ってみることをオススメする。そうすることで、すだちがある生活が当たり前のようになるはず。

今年の夏はすだちデビューしよう!

あおとくるの山すだち、ご購入はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

1987年埼玉県生まれ。早稲田大学で映画を専攻。卒業後は、IT企業の企画営業を経て、某芸能事務所で広報宣伝を担当。現在は夫と共に農作業、古民家の改修を行いながら、ゲストハウスのロゴ制作などデザイン面を担当。無類の猫好き。愛猫あおとくるは目に入れても痛くないほど溺愛。若干あおに煙たがられている。旅好き。あおとくるオーナー代理、主にあおとくるのお世話係。