熟成みかんの販売は元旦から!/宿は来年3月まで冬季休業中

夏だ!すだちだ!半田そうめんだ!今年はプレミアムしいたけ天恵菇の干ししいたけとのセットも仲間入りだー!

昨年大好評だった山のすだちと白滝製麺さんの激ウマ半田そうめんとのセット!今年も予約受付のみにはなりますが、販売します!!

我が家イチオシ、我が家の定番である白滝製麺さんの半田そうめん。また今年も皆さんに布教できます。げっへっへ。今年からのんびり宿業も再開しているあおとくるですが、朝食はこの半田そうめんを使ったにゅうめんを提供しつつ、宿の物販スペースでも販売しています。美味しかったから、おつまみかんと一緒にお土産に買って帰る方もいて嬉しかったなあ( *´艸`)にまにま

山のすだちとのセットに入ってる3束パックを物販スペースでも取り扱ってるよ。

さて、なんと今年は半田そうめんとのセットだけではござーやせん!!!!!!

たっぷり30gの入りの干ししいたけ!

こちらプレミアムしいたけ・天恵菇(てんけいこ)の干ししいたけとのセットも仲間入りしましたー!

はて、プレミアムしいたけ・天恵菇とは?実は私たちも今年の4月まで、存在は知っていたけど、食べたことはありませんでした。なんてったってねえ、プレミアムなしいたけですから!町のローカルスーパーには売ってないんだよねえ。

この軸の太さよ!

こちらが干ししいたけになる前の、天恵菇。かなりビックな大きさです。

傘もおっきいいいいいいい

天恵菇は2002年に品種登録されたしいたけのブランド名で、こういった超大型のしいたけができます。なおかつ、大きいだけじゃないんです。旨味成分のひとつ、グアニル酸が既存品種の約2倍!一度食べたら忘れられない美味しさなんですよ。(もちろん、見た目の巨大さも忘れられないけどww)味も苦味や雑味が少なく、あの独特な風味が苦手な方も「あれれ?」って思うくらいなくってね、しいたけ苦手って方でもモリモリ食べられるんじゃないかなーと、実食して思いました。

我が家はしいたけステーキにして食べました。この水滴はしいたけから出た水滴だよ。写真見るだけでよだれが…。

そんな天恵菇を徳島で栽培しているのが大塚きのこファームさん。私たちが初めて食べた天恵菇こそが、大塚きのこファームさんの天恵菇でした。「うっまっ!これがしいたけ!?まるで肉!?いやアワビ!!??」と衝撃を受けたのを今でも覚えています。そして食べて間もなく、圃場へ見学に行く機会があり、我々を快く迎えてくれたのが、園主の大塚芳紘さんでした。

大塚さんは、2021年に天恵菇を初めて食べ、今まで食べてきたしいたけの概念が覆るほど衝撃を受けたそう。そして、その天恵菇を、しいたけ嫌いだったお子さんが進んで食べている姿を見て、「この天恵菇をつくってみたい!」と思い、就農に至ったそうです。それが2021年。いま、2022年!何たる行動力!!天恵菇の栽培に適したハウスを建設する等して設備投資をし、もう生産して出荷してるってすごくないですか!?伺った際に、作物は違えど同じく農家として、かなりツッコんだ質問もしちゃったりなんかして(苦笑)色々と栽培や収穫に至るまでのお話も伺いました。直径7cm以上の大きさが必要な天恵菇。その大きさを作るためには苦労が伴います。みかんもね、こんなサイズのみかんばっかり作りたいなーってのがあったりします。大きさを作るための苦労、染みるなあ。だからこそ「大きなしいたけを作りたいですね!」とそんな苦労もなんのその、少年のようなキラキラとした目で語られちゃあ、応援したいって思っちゃうじゃないですかー!もうファンですwwww

圃場はハウス。徹底的に環境が管理されたハウスの中で天恵菇を通年栽培されています。

天恵菇はクール便での配送になるので、冷蔵設備のないあおとくるでは、鮮度のことを考えると生の天恵菇は取り扱えません。でも大塚さんとこの天恵菇、みんなに知ってもらえたらいいのにな、と思っていた矢先に!

干ししいたけなのにこの大きさ!

大塚さん「干ししいたけ、作り始めたんです」

あおとくる「!!!!????(常温でイケる…!!!!半田そうめんとすだちと絶対合う!!!!)」

秒でね、考えましたわ。セット販売できるやんって。天恵菇も布教するぜ!!!!

干ししいたけなのにこの厚み!

ちなみに先述したグアニル酸は、三大旨味成分のひとつ。(他は、かつお節や肉類に含まれている「イノシン酸」と昆布や味噌等に含まれている「グルタミン酸」)中でも、グアニル酸が含まれている食材は生のしいたけ、干ししいたけ、海苔、ウニ等がありますが、干ししいたけがダントツでたくさん含まれているんです。そう、旨味がダントツでね。生のしいたけにも含有されていますが、干すことで15倍ほど増えるらしい…干すだけで…旨味成分が15倍って…マジか…。しかも、このグアニル酸、他のしいたけ品種の2倍含まれている天恵菇の干ししいたけだったら、どんだけやねん!と興奮せずにはいられません。

半田そうめんとの相性もバッチリすぎる…!!

確かに、天恵菇の干ししいたけの旨味の出方がやばかった…。出汁にしてにゅうめんのつゆにしたんだけど、めちゃくちゃ旨味出てたし、超大型品種の干ししいたけ故、出汁で戻った干ししいたけ自体がもうしっかり肉厚で「え?これ干ししいたけでした?まさかまさか」と思うくらい食べ応えがありました。出汁としても美味い、そのまま食べても満足感あって美味い。そんな魅力的な干ししいたけ、どんだけやねん!となおさら興奮冷めやらぬ。

そんな干ししいたけとのセットも、今年加わります!うん。もうね。とにかくね。食べて!!後悔はさせんぞ!!!!!!!!

見学してる時に見つけたチビ天恵菇。スーパーマ〇オの1UPきのこやん。かわいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

1987年埼玉県生まれ。早稲田大学で映画を専攻。卒業後は、IT企業の企画営業を経て、某芸能事務所で広報宣伝を担当。現在は夫と共に農作業、古民家の改修を行いながら、ゲストハウスのロゴ制作などデザイン面を担当。無類の猫好き。愛猫あおとくるは目に入れても痛くないほど溺愛。若干あおに煙たがられている。旅好き。あおとくるオーナー代理、主にあおとくるのお世話係。